交通事件

交通事件

交通事件

交通事件には,過失運転致死,過失運転致傷,危険運転致死,危険運転致傷などの人身事故から飲酒運転・無免許運転・スピード違反等の事件まで様々なものがあります。また,交通事件は,刑事事件だけでなく行政,民事も関係してきます。できるだけ交通事件に詳しい弁護士に相談すべきです。

過失運転致傷・過失運転致死・危険運転致傷・危険運転致死

過失運転致傷罪・過失運転致死罪の法定刑は、7年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金です。
危険運転致死罪の法定刑は、1年以上20年以下の懲役または15年以下の懲役、危険運転致傷罪の法定刑は、15年以下の懲役または12年以下の懲役です。

1釈放・保釈を目指す
過失運転致傷・過失運転致死・危険運転致傷・危険運転致死事件で起こしてしまった結果が重い場合,逮捕されることが多い傾向にあります。過失運転致傷・過失運転致死・危険運転致傷・危険運転致死事件で逮捕された場合,最悪のケースでは逮捕後勾留され,裁判が終るまで勾留は継続されることになります。この勾留状態から身柄を解放するための制度が保釈制度です。保釈の申し出は事件を犯してしまった被告人側からしなければいつまでたっても保釈が認められることはありません。
釈放・保釈を獲得するには,逃げないことや被害者と接触しないこと証明する具体的な証拠を添えて書面を作成し,検察官や裁判官に主張することが必要になってきます。
2不起訴を目指す
過失運転致傷・過失運転致死事件を認めている場合なら,被害者と示談することで不起訴を目指すことも可能な場合があります。
また,運転手が注意していた場合は過失運転致傷・過失運転致死罪は成立しません。運転手に落ち度がなかったことを検察官に主張し,不起訴を目指します。
3執行猶予・減刑を目指す
過失運転致傷・過失運転致死・危険運転致傷・危険運転致死で裁判になった場合、被害者・遺族との間で示談をしたり,現場の状況,運転態様,被害者の状況などから被告人に有利な事情を主張・立証することで、減刑及び執行猶予付き判決を目指します。

飲酒運転・無免許運転・スピード違反

酒酔い運転の法定刑は5年以下の懲役または100万円以下の罰金、酒気帯び運転の法定刑は3年以下の懲役または50万円以下の罰金です。
無免許運転の法定刑は、3年以下の懲役または50万円以下の罰金です。
スピード違反の法定刑は、6月以下の懲役または10万円以下の罰金です。

1正式裁判の回避
飲酒運転・無免許運転・スピード違反をしたこと認めている場合、正式な裁判をおこなわず略式裁判による罰金処分になるように弁護活動することがあります。正式裁判とちがい公開の法廷にでなくてもいいので当事者に対する負担は大きく軽減されます。
略式裁判を目指すには,検察官に事件の動機や態様で有利な事情,今後の再犯防止策等を主張していくことが大切です。

交通事件でお困りの場合,たいこう法律事務所にご相談ください。
ご相談は 0120―758―631 までお電話ください。

お気軽にご連絡下さい! 親身に対応致します。

  • 電話もメールも初回相談無料!

    ご相談・お問い合わせフォーム
  • TEL:0120-758-631
トップへ戻る