窃盗事件

窃盗事件

窃盗事件

窃盗事件の弁護活動

万引き・住居侵入窃盗等の窃盗事件は10年以下の懲役または50万円以下の罰金に処される可能性があります。仮に窃盗事件で自身や家族が刑事事件に巻き込まれたら,今後の刑事事件の流れを理解し,早期に適切な行動をとることが大事です。

1窃盗事件で示談をする
窃盗事件を起こしてしまった場合,当然ながら被害者が存在し,何らかの被害が発生しています。窃盗事件を起こしてしまった場合,被害者と示談し,発生した被害に対する損害回復させ,和解することが大事です。刑法に規定されている窃盗の罪は被害者の財産を守ることを目的としているからです。被害者を示談が成立しているかは,今後の検察官の起訴・不起訴の判断,勾留の可否,保釈の可否,裁判での量刑に大きな影響を及ぼすことになります。
示談をするにあたっても当事者同士では,示談金の額,示談書の内容等様々な問題があります。窃盗事件を起こしてしまったら,刑事弁護に強いたいこう法律事務所にご相談ください。
2窃盗事件で不起訴・無罪をめざす
窃盗事件を起こしてしまっても,事件の事情によっては不起訴・無罪をめざすことも可能です。
窃盗事件で有罪とするには当該窃盗事件の犯人が被告人であることを検察官が証明しなければなりません。そこで, アリバイや真犯人の存在することの証拠を示し窃盗罪を立証する十分な証拠がないことを主張する弁護活動が考えられます。
このような主張により,不起訴・無罪を目指すことになります。
3窃盗事件で釈放・保釈をめざす
窃盗事件で逮捕勾留され起訴されてしまった場合,裁判が終るまで勾留されることになります。この勾留状態から身柄を解放するための制度が保釈制度です。保釈の申し出は窃盗事件を犯してしまった被告人側からしなければいつまでたっても保釈が認められることはありません。
窃盗事件で釈放・保釈を獲得するには,逃げないことや被害者と接触しないこと証明する具体的な証拠を添えて書面を作成し,検察官や裁判官に主張することが必要になってきます。
4窃盗事件で執行猶予をめざす
窃盗事件で裁判になってしまった場合,執行猶予付きの判決を獲得するための刑事弁護をする必要があります。
裁判では,窃盗行為の手口,被害額,前科前歴等から量刑が決まることになります。加えて,示談の成立や更生環境等の有利な事情を主張していくことになります。
また,近年,万引き事案等で被告人がクラプトマニアいわゆる窃盗癖であることを主張し,今後の適切な治療計画を主張すること有効な場合があります。

たいこう法律事務所では,詐欺事件,強盗事件,横領事件も取り扱っております。窃盗事件等でお困りの場合,たいこう法律事務所にご相談ください。
ご相談は 0120―758―631 までお電話ください。

お気軽にご連絡下さい! 親身に対応致します。

  • 電話もメールも初回相談無料!

    ご相談・お問い合わせフォーム
  • TEL:0120-758-631
トップへ戻る