よくあるご相談

愛知県,名古屋市の刑事事件裁判で刑事弁護士に執行猶予にしてほしい

カテゴリー:よくあるご相談

刑事事件の裁判で執行猶予にしてほしい。

刑事事件の裁判で前科があるが執行猶予にできるか。

刑事事件で執行猶予期間中に罪を犯してしまった。

刑事弁護士に依頼したい。

 

このような悩みなら愛知刑事弁護士たいこう法律事務所にご相談ください。

 

【刑事事件裁判で執行猶予にしたい】

 刑事事件の裁判で執行猶予獲得のためには、裁判で、被告人の有利な事情を主張・立証することが大切です。弁護士は,執行猶予を獲得するために,犯行態様が悪質性,計画性,被害の大きさ等の起こした犯罪のなかで有利な事情を主張します。また,加害者の反省の程度や更生意思,被害者との示談状況や更生環境の整備状況等の情状に関する事実も主張し,執行猶予を獲得のための弁護活動をおこなうことになります。

 

【前科あり,執行猶予期間中の再度の執行猶予】

 刑事事件の裁判で,前科がある場合や,執行猶予期間中の犯罪行為であったとしても,実刑になるとは限りません。

 

 前科がある場合は前科の犯罪の種類や前科を起こした時期によっては再度執行猶予を獲得することも不可能ではありません。具体的な状況を弁護士に相談したうえで,裁判での対応を立てるべきです。

 

 執行猶予期間中に再度犯罪を起こしてしまった場合に再度執行猶予を獲得することはかなり困難になります。しかも,執行猶予期間中の犯罪では,前刑の期間もあわせて刑務所に入らなければならないため不利益は大きいです。

 

 しかし,過去の事例でも再度執行猶予を獲得した例もあります。執行猶予期間中の犯行でも諦めることなく,刑事弁護士に相談し,犯行原因や再犯防止策について裁判官に主張していくことが肝心です。

 

 執行猶予についてお悩みの場合,愛知刑事弁護士たいこう法律事務所までお電話ください(0120―758―631)。


お気軽にご連絡下さい! 親身に対応致します。

  • 電話もメールも初回相談無料!

    ご相談・お問い合わせフォーム
  • TEL:0120-758-631
トップへ戻る