よくあるご相談

愛知県,岐阜県で発生した刑事事件で無実・無罪の刑事弁護

カテゴリー:よくあるご相談

刑事事件を起こしていないが無実の罪で逮捕された。 刑事事件の裁判で無罪を争いたい。

愛知刑事弁護士たいこう法律事務所では,冤罪の防止のため全力を尽くします。

 

【無実の刑事事件で捜査中の刑事弁護】

 無実の刑事事件で逮捕された場合でも,取り調べが行われます。容疑者が無実を争っている場合,警察,検察による取り調べは特に厳しいものになります。厳しい取り調べの結果,身に覚えのない事実を認めてしまった場合,後に控えている裁判で争うことは簡単ではありません。このような取り調べに耐え,不利益な証拠を作成されないようにする必要があります。頻繁に接見に行き,黙秘権行使の技術の提供や当事者を勇気づけ,取り調べに負けないようにするアドバイスも必要です。

 

【刑事事件の裁判での刑事弁護】

 無罪を争っている刑事事件で起訴されてしまった場合は裁判で無罪獲得のために争わなければなりません。

 検察側の提出する証拠に対して、弁護側からは無罪を示す証拠を提出し、無実を明らかにするよう全力を尽くします。

いきすぎた取り調べの結果得られた自白には証拠としての価値はありません。裁判で自白の経緯について争い裁判所にみとめてもらう必要があります。

 刑事裁判で無罪を勝ち取ることは簡単ではありません。愛知刑事弁護士たいこう法律事務所では,依頼者の無実を証明するために全力で弁護することをお約束します。

 

刑事事件で無実・無罪を争いたい場合には,愛知刑事弁護士たいこう法律事務所までお電話ください(0120―758―631)。


お気軽にご連絡下さい! 親身に対応致します。

  • 電話もメールも初回相談無料!

    ご相談・お問い合わせフォーム
  • TEL:0120-758-631
トップへ戻る