よくあるご相談

愛知県,名古屋市で発生した刑事事件で家族が逮捕された場合の刑事弁護

カテゴリー:よくあるご相談

夫を逮捕した。妻を逮捕した。このような事態が起きてしまったら。

なぜ逮捕されたのか。

何があったのかよくわからない。

面会はできるのか。

刑事事件の弁護士は必要か。

 

ご家族が逮捕された驚きと今後の不安で頭がいっぱいでしょうが,落ち着いて対応してください。

 

逮捕後の流れ,刑事弁護】

 警察に逮捕されると48時間以内に検察庁に身柄を送られることになります。その後,検察官は24時間以内に勾留請求するかの判断をすることになります。勾留されるまでのこの期間は逮捕された者のご家族でも面会は難しいです。この期間は,弁護士が接見に行くことでご家族に状況を伝えることができます。

 

 勾留は最大20日間続きます。勾留期間は,ご家族の面会はできますが,時間や話しの内容も制限され,自由に面会というわけには行きません。

 

 検察官により起訴されると勾留という状態は裁判が終わるまで続くことになります。起訴されたら,早期に身柄を解放するため保釈請求することが必要です(保釈の刑事弁護へ)

 

 発生した刑事事件の種類によっては刑事弁護士がつかない場合があります。早期に対応するためにも刑事事件に強い弁護士を探す必要があります。

 

【愛知刑事弁護士たいこう法律事務所からのお約束】

 逮捕された本人に直ぐに面会に行きます。

 逮捕された本人の身柄の解放のため全力を尽くします。

 不起訴を目指します。

 ご家族の不安解消のためわかりやすく今後のながれ,逮捕された本人の状況を説明します。

 

 家族が逮捕されたら,夫や妻が逮捕されたら,愛知刑事弁護士たいこう法律事務所までお電話ください(0120―758―631)。迅速な対応をお約束致します。


お気軽にご連絡下さい! 親身に対応致します。

  • 電話もメールも初回相談無料!

    ご相談・お問い合わせフォーム
  • TEL:0120-758-631
トップへ戻る