よくあるご相談

愛知県,名古屋市で発生した刑事事件で不起訴にしてほしい

カテゴリー:よくあるご相談

 刑事事件を起こしてしまったが不起訴にしてほしい。

 刑事事件を起こしてしまったが前科をさけたい。

 刑事事件では,このようなご相談が多くあります。

 

 刑事事件で不起訴処分になると、

  前科がつかない  

  逮捕勾留から釈放される

 という今後の人生にも大きく影響する大きなメリットがあります。

 

 刑事事件の不起訴には,嫌疑不十分,起訴猶予といったものがあります。

 愛知刑事弁護士たいこう法律事務所では,ご相談者から事情を伺ったうえ,不起訴に向けての最適な弁護方針を提案いたします。

 

【嫌疑不十分による不起訴】

 刑事事件の嫌疑不十分による不起訴は,捜査によって全く嫌疑がない場合や検察官が裁判で罪を犯したことを証拠によって証明できると確信しない場合に行われる処分です。

 取り調べ対応をおこない不利な証拠作成の防止,有利な証拠の収集等をおこない,嫌疑不十分による不起訴をおこないます。

 

【起訴猶予による不起訴】

 刑事事件の起訴猶予による不起訴は,検察官が事件の事情から考え裁判にする必要がないと判断した場合に行われる処分です。

 起訴猶予による不起訴を目指すには,被害者に対する示談の状況、前科の有無、反省の有無、再犯防止策,生活環境の整備,その他事件に関する様々な有利な事情を検察官に主張していく必要があります。

 

 刑事事件を起こしてしまったが不起訴にしてほしい,前科をさけたい等でお悩みの場合,愛知刑事弁護士たいこう法律事務所までお電話ください(0120―758―631)。親身な対応をお約束致します。


お気軽にご連絡下さい! 親身に対応致します。

  • 電話もメールも初回相談無料!

    ご相談・お問い合わせフォーム
  • TEL:0120-758-631
トップへ戻る