よくあるご相談

名古屋市の刑事事件に強い弁護士による暴行・傷害の解説

 暴行事件をおこしてしまった。2bf8187b16b2f196c8f9e2e03000d54c_s

 傷害事件で逮捕された。

 暴行・傷害事件の被害者と示談したい。

 

 暴行・傷害事件でお悩みなら,愛知刑事弁護士たいこう法律事務所にご相談ください。刑事事件に強い弁護士が親身になって対応いたします。

 

【暴行・傷害の法定刑】

 暴行・傷害について刑法は次のように定めています。

 

 204条

 人の身体を傷害した者は、十五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

 

 208条

 暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときは、二年以下の懲役若しくは三十万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。

 

 傷害については,15年以下の懲役または50万円以下の罰金が課される可能性があります。

 

 暴行については,2年以下の懲役,30万円以下の罰金,勾留または科料に課される可能性があります。

 

【暴行・傷害の解説】

 人の身体を傷害した者は,傷害罪にあたります。

 

 傷害とは,人の生理的機能の障害や健康状態の不良変更を指すと言われています。

 

 人を殴ってしまい怪我をさせたような場合に加えて,嫌がらせ電話でノイローゼにさせた場合も傷害罪となる可能性があります。

 

 暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったとき,暴行罪が成立します。

 

 暴行とは,人の身体に対する不法な有形力の行使を指します

 

 人を殴って怪我をさせなかった場合,人に向かって石を投げる場合,人の近くで太鼓を連打する場合などが暴行罪にあたる可能性があります。

 

【暴行・傷害の弁護活動】

 暴行・傷害事件では,被害者との示談交渉が重要です。

 暴行傷害事件被害者と示談が成立すれば、不起訴処分となることもあります。仮に起訴後であったとしても、示談の成立は、裁判の判決に大きく影響してきます。

 

 また,事案によっては,正当防衛の主張をすることも考えられます。

 

 傷害事件で逮捕された,暴行事件で警察の取り調べがある,暴行傷害事件の被害者と示談したい等暴行傷害事件でお悩みの場合愛知刑事弁護士たいこう法律事務所までご相談ください。


お気軽にご連絡下さい! 親身に対応致します。

  • 電話もメールも初回相談無料!

    ご相談・お問い合わせフォーム
  • TEL:0120-758-631
トップへ戻る