よくあるご相談

愛知県,名古屋市でおこった刑事事件で逮捕・勾留に保釈の刑事弁護

 窃盗、大麻、覚せい剤、傷害等の刑事事件を起こしてしまった場合、逮捕や勾留されることがあります。逮捕・勾留されてしまうと当然のことながら身体拘束され社会生活ができなくなります。このような不利益な勾留状態から解放する制度の1つとしてあるのが保釈です。

 保釈とは、一定額の保釈保証金を裁判所に納付することで、勾留の執行を停止し、身柄を解放する制度です。

 保釈により勾留からの解放を目指すには、まず、裁判所に保釈の請求をする必要があります。

 そして、保釈が認められるには、

  1. 死刑、無期、短期1年以上の懲役刑や禁固刑に当たる罪を犯したものであるとき
  2. 以前に死刑、無期、長期10年を超える懲役刑や禁固刑に当たる罪につき有罪の宣告を受けたことがあるとき
  3. 常習として長期3年以上の懲役刑や禁固刑に当たる罪を犯したものであるとき
  4. 罪証隠滅のおそれがあるとき
  5. 被害者やその事件の関係者や親族の身体もしくは財産に害を加えまたはこれらの者を畏怖させる行為をするおそれがあるとき
  6. 被告人の氏名または住所がわからないとき

 にあたる事情がないことを保釈請求書で主張しなければなりません。

 

 仮に上記に事情にあたってしまったとしても、事件の内容や前科前歴、保釈の必要な事情を主張することで裁判官の裁量で保釈がみとめられる場合があります。

 

 刑事事件の保釈でお悩みの場合は、あいち刑事弁護士たいこう法律事務所までご気軽にご相談ください(0120-758-631)。


お気軽にご連絡下さい! 親身に対応致します。

  • 電話もメールも初回相談無料!

    ご相談・お問い合わせフォーム
  • TEL:0120-758-631
トップへ戻る