よくあるご相談

愛知県、岐阜県でおこった少年事件,少年審判の刑事弁護活動について

【少年事件,少年審判の対象となる少年】

少年事件,少年審判の対象となる少年とは,20歳未満の非行のある者です。

非行少年は

①罪を犯した少年

②事件をおこしたが14歳未満であるため罪を犯したことにならない少年

③罪を犯していないが少年の生活状況から考えると将来罪を犯すおそれのある少年

に分類されます。

このように罪を犯していない少年まで少年事件,少年審判の対象としているのです。これは,少年審判の目的が少年非行を除去し,犯罪を防止することにあるからです。

 

【少年事件,少年審判の特徴】

 少年事件には成人の刑事事件と異なった幾つかの特徴があります。

 

 ①罪を犯した少年等の事件のすべては家庭裁判所に送られることになります。成人事件のように起訴猶予で不起訴となり警察官検察官限りで事件が終わることは難しいです。ただし,家庭裁判所に送られた後,審判不開始といつ処分があります。

 ② 逮捕・勾留のあとに観護措置として約4週間程度少年鑑別所に身体拘束される可能性があります。 

 

③ 少年審判は,成人の裁判と異なり非公開で行われます。

 

 ④ 少年には刑罰が課されるのではなく次のような保護処分に付されます。

(1)保護観察

(2)児童自立支援施設または児童養護施設送致

(3)少年院送致

 

【少年事件,少年審判の刑事弁護活動】

①少年事件で逮捕,勾留されてしまったら,早期の解放を実現するため,警察官,検察官,裁判官に早期の解放を粘り強く主張していきます。

 

 ②少年鑑別所に行かないように家庭裁判所に働きかけます

 

 ③少年院にいかないように少年審判で,少年の更生,家庭環境の改善から少年院にいく必要がないことを主張していきます。

 

 愛知刑事弁護士たいこう法律事務所では,少年の更生のため親身に家族と共に少年事件に取り組むという姿勢を大切にしています。

 

 少年事件少年審判でお困りなら,愛知刑事弁護士たいこう法律事務所までご相談ください。


お気軽にご連絡下さい! 親身に対応致します。

  • 電話もメールも初回相談無料!

    ご相談・お問い合わせフォーム
  • TEL:0120-758-631
トップへ戻る