よくあるご相談

愛知県・岐阜県の刑事事件で子供が逮捕された場合の刑事弁護

カテゴリー:よくあるご相談

 子供が逮捕された。

 子供が鑑別所にいる。

 少年審判がある。

 刑事事件の弁護士に依頼したい。

 

 子供が少年事件に巻き込まれた場合,ご家族の協力も必要です。愛知刑事弁護士たいこう法律事務所までご相談ください。一日でも早い事件解決に向けて全力で取り組みます。

 

 少年事件の刑事弁護なら【少年の刑事弁護】もご覧ください。

 

【少年事件の流れ,刑事弁護】

 子供が逮捕されると,逮捕後に最大20日間の勾留されるおそれがあること,警察,検察から取り調べを受けること自体は成人事件と変わりありません。しかし,子供の場合は大人以上に警察、検察に逆らえず言いなりになってしまう危険があります。できるかぎり弁護士が面会に行き,子供に取り調べ対応等の状況の把握,安心してもらうことが大切です。加えて,早期の釈放に向けた活動も行うべきです。

 

 子供が勾留された後は,家庭裁判所に送致されることになります。この時,家庭裁判所で子供を鑑別所にいれるかの判断をします。子供が鑑別所にいかないためには,家庭環境や生活環境が整っていること,少年に問題が少ないこと、通学など自宅に戻る必要があることなどを主張し裁判所を説得する必要があります。

 

 子供が鑑別所に入れられると通常4週間鑑別所にいなければなりません。そして,約4週間後には少年審判が開かれることになります。この四週間という短い期間で審判の準備をしなければなりません。子供が少年院に送られないようするためには、少年の反省がしていること、家庭・生活環境が整っていること、被害弁償や示談がすんでいることなどを主張する必要があります。

 

 発生した少年刑事事件の種類によっては刑事弁護士がつかない場合があります。早期に対応するためにも刑事事件に強い弁護士を探す必要があります。

 

【愛知刑事弁護士たいこう法律事務所からのお約束】

 逮捕された子供に直ぐに面会に行きます。

 逮捕された子供の身柄の解放のため全力を尽くします。

 子供が少年院に送られないよう全力で弁護します。

 ご家族の不安解消のためわかりやすく今後のながれ,逮捕された子供の状況を説明します。

 

 子供が逮捕された,鑑別所にいる,少年審判がある等でお悩みの場合,愛知刑事弁護士たいこう法律事務所までお電話ください(0120―758―631)。親身な対応をお約束致します。


お気軽にご連絡下さい! 親身に対応致します。

  • 電話もメールも初回相談無料!

    ご相談・お問い合わせフォーム
  • TEL:0120-758-631
トップへ戻る