刑事事件ブログ

刑事事件ブログ

児童買春容疑で医師を逮捕!逮捕のリスクとは…?

カテゴリー:性犯罪事件 2017/10/20

児童買春容疑で医師を逮捕!逮捕のリスクとは…?

児童買春容疑で医師を逮捕!逮捕のリスクとは…?

 

児童買春や児童ポルノに関するニュースを目にすることは今や珍しくはありません。
平成29年10月19日の中日新聞にも、愛知県職員の男性課長補佐を児童買春等をした(逮捕)として懲戒免職をしたとの記事が掲載されていました。愛知県職員の懲戒免職は、今年に入って2件目で、いずれも児童買春が原因とのこと。公務員を初めてして、社会的地位の高い方が逮捕されると報道機関により報道されるリスクが高まります。平成29年10月19日の中日新聞にも児童買春の容疑で医師が逮捕されたという記事が掲載されていました。氏名など一部省略をして下記に引用します。

 

少女(17)に現金を渡してわいせつな行為をしたとして、警視庁中野署は、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで、小児科医師の男性(32)を再逮捕した。同署によると、「自宅でお話ししただけです」と容疑を否認している。再逮捕容疑は、医療研究センターの教育研修棟内にある自宅で、少女が18歳未満だと知りながら、現金3万円を渡すなどして買春した疑い。
中野署は、東京・池袋のホテルで別の少女(17)にわいせつな行為をしたとして、同法違反容疑で医師を逮捕していた。

 

~児童買春で逮捕された時のリスク~

〇重い刑罰が定められている
お金を支払って18歳未満の児童と性行為をした場合、いわゆる児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)が成立します(5年以下の懲役または300万円以下の罰金)。
お金のやりとりがなければ児童買春・ポルノ禁止法違反とはなりませんが、各都道府県の青少年健全育成条例違反(愛知県:2年以下の懲役または100万円以下の罰金)になります。
※13歳未満の児童にわいせつな行為をした場合は、強制わいせつ罪・強制性交等罪が成立します。

 

〇慰謝料など民事的な賠償責任を負う

 

〇解雇・懲戒処分・学校を退学になる
逮捕されてしまうと、職場や学校に通うことができなくなるため、逮捕された事実が明らかになる可能性があります。先述したように、公務員や医師など社会的地位の高い方の場合、逮捕された事実が報道されるリスクがあります。報道により、逮捕された事実が明らかになることも珍しくはありません。

 

~逮捕されたら弁護士に依頼を~

児童買春・ポルノ禁止法違反の場合、逮捕は突然なされる場合が多いです。児童とわいせつ行為をしたのち、その児童が警察に補導されたり、親などに見つかったりして事件が発覚するケースが多いからです。事前に警察から呼出しを受けるケースもありますが、突然自宅にきて逮捕されることもあります。

もし逮捕されてしまった場合、早い段階で弁護士と接見(面会)することをおすすめします(当事務所の「接見サービス(有料)」をご利用ください)。
愛知刑事弁護士たいこう法律事務所では、児童買春・ポルノ禁止法違反事件の経験も豊富です。刑事事件に強い弁護士が、最初から最後までしっかりと丁寧に対応いたします。
児童買春事件でお困りの方は、当事務所(フリーダイヤル0120-758-631)までお問い合わせください。


ひき逃げ容疑で教授を逮捕!愛知県の刑事弁護士が接見へ

カテゴリー:交通事件 2017/10/13

ひき逃げ容疑で教授を逮捕!愛知県の刑事弁護士が接見へ

ひき逃げ容疑で教授を逮捕!愛知県の刑事弁護士が接見へ

 

岐阜県の大学教授がひき逃げと無免許運転の容疑で逮捕されたというニュースがありました。詳細は下記の通りです(平成29年10月11日の中日新聞より引用。一部省略有)。

 

 岐阜県警加茂署は11日、自動車運転処罰法違反(無免許過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、岐阜大教授の男性を逮捕した。逮捕容疑では、同県の県道で、乗用車を無免許で運転中、道路左側に停止していたパート女性(66)の軽乗用車に追突し、そのまま逃げたとされる。女性はむち打ちや両腕打撲のけがを負った。署によると、「身に覚えがない。」等と容疑を否認している。目撃情報などから容疑者を特定し、自宅近くの修理工場で左前部が破損した車も見つかった。容疑者は2011年10月、免許失効となっていた。

 

~逮捕されたら弁護士に接見の依頼を!~

身内の突然の逮捕に、驚きや動揺でご家族の方はどうしたらいいのかわからないといった状態かと思います。そのような場合、まずは弁護士に一度相談をすることをおすすめします。もし、突然の逮捕で何を相談したらいいのかわからないという方は、弁護士による「接見サービス」(有料)をおすすめします。接見サービスとは、逮捕・勾留されている被疑者の方のもとへ、弁護士が直接接見に向かうサービスのことです。接見サービスを利用することで、下記3点のメリットがあります。

 

①現状や今後の見通しを知ることができる
逮捕は突然なされますから、現在の状況や今後の見通しがわからない状態は誰しもが強い不安に襲われます。弁護士が本人から様々な事情を伺い、現在の状況や今後の見通しなどを弁護士から直接説明を受けることができます。現状などを知ることが、不安解消の第一歩となります。

 

②本人は取調べの対応方法のアドバイスを受けることができる
例えば、無罪を主張する事件(否認事件)では、一度自白をした調書を作成されてしまうと、起訴された場合、無罪判決の獲得が困難となります。逮捕直後は、本人の精神的な動揺が激しく、専門家である弁護士のアドバイスを受けなければ、意に反する調書が作成される可能性があります。そのようなことがないように、弁護士から適切なアドバイスを受けることが重要となります。

 

③本人と家族との橋渡しができる
ご家族から本人への伝言を、弁護士を介して伝えることが可能です。また、本人の要望(例えば、衣服を差入れしてほしい等)もご家族に伝えることができます(ただし、証拠隠滅につながる伝言はお取次ぎできません)。特に、ご家族が本人と面会できない場合(接見等禁止が付いている場合)は、弁護士が両者をつなぐ橋渡し役となります。

 

逮捕・勾留されてお困りの方は、刑事事件に強い愛知刑事弁護士たいこう法律事務所までお問い合わせください。刑事事件の経験豊富な弁護士が、被疑者のもとへ直接接見に向かい(接見サービス)、適切なアドバイスを行います。逮捕されてどうしていいのかわからないという方でも、一度ご連絡ください。お問い合わせは、0120-758-631までお願いいたします。


少年盗撮容疑で公務員を逮捕!逮捕されたら弁護士に相談を

カテゴリー:盗撮・痴漢事件 2017/10/06

少年盗撮容疑で公務員を逮捕!逮捕されたら弁護士に相談を

少年盗撮容疑で公務員を逮捕!逮捕されたら弁護士に相談を

 

 更衣室で着替え中だった中学2年の少年の裸を盗撮したとして、警視庁東京空港署は、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、公務員(30)を逮捕した。逮捕容疑は、東京都内にあるスポーツ施設の更衣室で、着替えをしていた都内に住む少年の全裸をスマートフォンで盗撮した疑い。東京空港署によると、羽田空港の男子トイレで、別の少年が盗撮される事件が発生。捜査で職員が浮上し、自宅を家宅捜索したところ、パソコンから逮捕容疑となった事件に関する画像や、児童ポルノとみられる画像約百点が見つかった。
(上記記事は、平成29年9月20日の中日新聞より引用。一部省略。)

 

~盗撮容疑で逮捕されたら…たいこう法律事務所のケース~

逮捕されてしまうと、逮捕された本人は外部との連絡がとれなくなってしまいます。ですので、弁護士をつけようと思っても、本人が直接弁護士のところに行って依頼することはできません。このような場合、家族や知人等が弁護士に依頼をし、弁護活動をしてもらうことになります。

たいこう法律事務所では、ご連絡後、一定の手続の上、刑事事件に強い弁護士が逮捕されている方のもとへ直接接見(面会)に向かうことが可能です(「接見サービス」といいます)。弁護士が直接接見に向かうことで、逮捕された方は法的アドバイスを受けることができます。接見サービスの料金は、1回限りの接見で32400円~となっております。

もし事前に相談されたいという方は、当事務所までご来所頂ければ、初回無料で法律相談をすることも可能です。
※事前に電話またはメールにてご予約をお願いします。

 

たいこう法律事務所では、盗撮容疑で逮捕されても、その後の迅速な弁護活動により、短期間の身柄拘束で釈放・事件解決となったケースが多数ございます。
盗撮事件の実績・経験豊富な当事務所へまずはご連絡・ご相談ください。お問い合わせ先は、0120-758-631です。


窃盗容疑で逮捕!逮捕のことならたいこう法律事務所へ

カテゴリー:窃盗事件 2017/09/22

窃盗容疑で逮捕!逮捕のことならたいこう法律事務所へ

すり

もし下記のように、窃盗容疑で夫や知人が警察に逮捕された場合、家族など周りの人たちはどのような行動をすべきでしょうか。

 

 ショベルカーを盗んだとして岐阜県警などの合同捜査本部は20日、窃盗の疑いで、トラック運転手の男4人を逮捕したと発表した。逮捕されたのは、いずれも岐阜県に住む男性4容疑者。4人の関係は分かっていない。3人の逮捕容疑は、岐阜県安八町の資材置き場にあったショベルカー1台(時価200万円相当)を盗んだとされる。もう1人は各務原市内で別のショベルカーを盗んだ疑いで逮捕された。安八町の事件への関与も認めているという。1人は「身に覚えがない」と容疑を否認し、他の2人は認めている。
(上記記事は、平成29年9月20日の中日新聞より引用。一部省略しております。)

 

~まずは法律事務所へ相談を~

 

身内の突然の逮捕にどうすればわからないという方は、まずは法律事務所へご相談ください。法律の専門家である弁護士から、適切なアドバイスを受けることができます。逮捕されたなど刑事事件に関することは、刑事事件に精通した法律事務所に相談されることを強くおすすめします。法律事務所といっても、離婚や相続の経験が豊富な事務所もあれば、交通事故や刑事事件を得意とする事務所もあります。刑事事件は、特にスピード感が大切となる分野ですので、経験豊富な法律事務所に相談されることをおすすめします。

 

愛知刑事弁護士たいこう法律事務所では、突然の逮捕に対応した接見サービス(税別3万円~)をご提供しております。これは刑事事件に強い弁護士が、逮捕された方のもとへ直接接見に向かうサービスです。刑事弁護士から的確な法的アドバイスを受けることができます。当事務所にお電話(TEL:0120-758-631)をいただければ、接見サービスのご案内を致します。どうぞお問い合わせください。


愛知県のひき逃げ事件で会社員を逮捕!ひき逃げと逮捕

カテゴリー:交通事件 2017/09/15

愛知県のひき逃げ事件で会社員を逮捕!ひき逃げと逮捕

愛知県のひき逃げ事件で会社員を逮捕!ひき逃げと逮捕

交通事故に関するニュースがありました。まずは下記の記事をご覧ください。

 

 愛知県愛西市の中学2年の男子生徒(13)をひき逃げしたとして、県警津島署は、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、会社員(21)を逮捕した。逮捕容疑では、愛西市の県道交差点でライトバンを運転中、自転車で横断していた男子生徒をはね、左手首を折るなど4週間のけがを負わせた上、救護せず逃げたとされる。署によると、容疑を認めている。同容疑者は岐阜県へ仕事に行く途中、男子生徒は通学途中だった。
(上記記事は、平成29年9月15日の中日新聞から一部引用。)

 

~ひき逃げとは?~

ひき逃げとは、人の死傷を伴う交通事故の発生後、ケガ人の救護や道路上の危険を防止することなく事故現場から立ち去った場合をいいます。交通事故によって、ケガ人を出してしまったのであれば、救護活動をしない限りひき逃げとなってしまいます。たとえ被害者のケガが軽かったとしても、救護せずに現場から立ち去ってしまえば、原則としてひき逃げとなります。また、偶然通りがかった通行人が救急車の手配や応急手当などをしているからと、本人が何もせずに現場から立ち去った場合も同様です。

 

ひき逃げと似た言葉に、当て逃げがあります。当て逃げとは、物損事故の発生後、道路における危険を防止することなく事故現場から立ち去った場合をいいます。交通事故において、物損しか生じていない場合、民事事件としての問題は生じますが、通常、刑事事件にはなりません。しかし、物損事故でも当て逃げをしてしまった場合、道路交通法違反となり刑事事件となります。

 

~ひき逃げで逮捕されてしまったら~

ひき逃げをしてしまうと、一度事故現場から逃げているので「逃走のおそれあり」として、逮捕・勾留(身柄拘束)されることが多くみられます。また、勾留後に準抗告等(いわゆる身柄拘束に対する不服の申立て)の手段によって釈放を実現することも容易ではありません。そのため、身柄解放に向けた活動としては、起訴後の保釈に重点が置かれるケースが多いです。

 

ひき逃げをしてしまった、逮捕されてしまったという方は、まずは刑事事件に強い法律事務所に相談されることをおすすめします。愛知刑事弁護士たいこう法律事務所では、ひき逃げ事件の法律相談は初回無料です。また、本人が逮捕されてしまった場合は、弁護士が直接接見にいく接見サービス(有料)もご提供しています。刑事事件でお困りの方は、0120-758-631までお問い合わせください。


愛知県職員が児童買春で逮捕!たいこう法律事務所へ相談を

カテゴリー:性犯罪事件 2017/09/08

愛知県職員が児童買春で逮捕!たいこう法律事務所へ相談を

愛知県職員が児童買春で逮捕!たいこう法律事務所へ相談を

 

 名古屋・昭和署は、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春、製造)の疑いで、愛知県職員の男性(40代)を逮捕した。逮捕容疑は昨年、愛知県日進市の駅のトイレで、18歳未満と知りながら、14歳だった少女に2万円を渡してみだらな行為をしたほか、その様子を撮影した動画をハードディスクに記録し、児童ポルノを製造したとされる。署によると、容疑を認めている。今年、別の16歳少女を補導した際に同容疑者が浮上。自宅を家宅捜索していた。
(上記記事は、平成29年9月8日、中日新聞より引用・一部抜粋)

 

~児童買春事件における逮捕前の法律相談~

児童買春の容疑で捜査機関から、呼出しや家宅捜索などを受けてしまった場合は、すぐに弁護士に相談することをおすすめします。呼出しや家宅捜索を受けたということは、捜査機関はあなたを容疑者として捜査しているということになります。その後、逮捕される可能性も十分に考えられる状況ですので、その時に備えて専門家である弁護士に相談しましょう。

上記県職員の事件においても、逮捕される前に家宅捜索が入っています。遅くともその時点で弁護士に相談をすることが可能です。たいこう法律事務所では、ご来所頂ければ無料で法律相談をすることが可能です。まずは当事務所(0120-758-631)までご連絡ください。

 

~突然逮捕されてしまったら~

逮捕後、早期に弁護士と接見することをおすすめします。前述したように、事前に弁護士と相談をしていれば、逮捕された段階で相談していた弁護士に接見にくるように連絡を入れることが可能です。もし何の準備もなく突然逮捕されてしまった場合は、当番弁護士を呼ぶ以外は、家族や知人などに弁護士を派遣してもらうことになります。

 

たいこう法律事務所では、接見サービス(有料)をご提供しております。本人の逮捕後に、刑事事件に強い弁護士が直接接見に向かい、適切な法的アドバイスなどを行います。逮捕でお困りの方は、当事務所(0120-758-631)までお問い合わせください。


児童買春容疑で公務員を逮捕!逮捕された時のリスクとは?

カテゴリー:性犯罪事件 2017/09/01

児童買春容疑で公務員を逮捕!逮捕された時のリスクとは?

児童買春容疑で公務員を逮捕!逮捕された時のリスクとは?

 

強制わいせつや児童買春などで逮捕されたなどというニュースを目にしたことがある方は多いと思います。最近でも、名古屋市内で公務員が児童買春をしたとして逮捕されたとの報道がありました(下記参照)。

 

 名古屋市西警察署は30日、児童買春・ポルノ禁止法違反(児童買春)の疑いで、公務員の男性(23)を逮捕した。「間違いない」と容疑を認めている。逮捕容疑では、5月29日、三重県松阪市のホテルで、女子高校生(16)が18歳未満と知りながら、現金4万円を渡してみだらな行為をしたとされる。署によると、2人はツイッターのやりとりを通じて知り合ったという。署がサイバーパトロールで見つけた。

(上記記事は、平成29年8月31日、中日新聞より一部引用)

 

~逮捕された時のリスクとは~

ある日突然、児童買春等の容疑で逮捕されてしまった場合、どのようなリスクがあるのでしょうか。ここでは、逮捕された時の代表的なリスクを挙げてみました。

 

①長期間の身体拘束が予想される。
→逮捕されてしまった場合、一般的に長期の身体拘束が予想されます。逮捕後、勾留されずに釈放されるケースは少ないと考えたほうがいいでしょう。当然ですが、身体拘束されている間は、仕事や学校に行くことができません(※逮捕の事実が捜査機関から勤務先や学校に連絡がいくことは、特別な場合に限られます。)。逮捕後の詳細な刑事手続きはコチラを参照してください。

 

②外部との連絡が制限される。
→逮捕されてしまうと、一般的に外部との連絡は、手紙か直接接見(面会)に来てもらう方法があります。ただし、接見等禁止が付されていた場合は、手紙や接見をすることができません。一般の方が接見する場合は、日にちや時間に制限があります。多くの警察署では平日昼間に限るところがほとんどです。弁護士であれば、いつでも接見することができます。弁護士接見を希望される方はコチラをご覧ください。

 

③報道されるリスク(特に公務員など)がある。
→上記記事のように、公務員が逮捕されると、報道機関により報道されるケースが多くみられます。公務員以外でも、医師や一流企業等に勤務されている方も注意が必要です。報道により逮捕の事実が会社等に知られ、解雇・辞職に追い込まれる等、不利益な処分をなされる可能性があります。

 

逮捕された、逮捕されてしまうかもとお悩みの方は、愛知刑事弁護士たいこう法律事務所までお問い合わせください。初回無料相談や接見サービスを提供しておりますので、まずは0120-758-631までお電話ください。


大麻所持で逮捕…名古屋の刑事弁護士が接見に向かう!

カテゴリー:その他の事件,薬物事件 2017/08/18

大麻所持で逮捕…名古屋の刑事弁護士が接見に向かう!

大麻所持で逮捕…名古屋の刑事弁護士が接見に向かう!

 

福岡県で現役の警察官が証拠品の大麻を盗んだとして逮捕された事件がありました。下記の記事は、平成29年8月18日の中日新聞から引用(一部省略)。

 

 福岡県警の警察官が大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕された事件で、容疑者が持っていた大麻について「署内の証拠品から盗んだ」と供述していることが、捜査関係者への取材で分かった。容疑者は同署で証拠品の管理などを担当しており、証拠品倉庫に自由に出入りできた。保管していた大麻が一部なくなっている形跡があり、県警は窃盗容疑での立件も視野に捜査している。捜査関係者によると、容疑者は当初「大麻だとは思わなかった」と否認していたが、その後の調べに容疑を認め、証拠品を持ち出したと供述している。

 

~逮捕後、弁護士に接見を依頼するメリット~

逮捕後、弁護士に接見(面会)を依頼するメリットは2点あります。

 

①逮捕後、すぐに接見することができる。
 逮捕後、すぐに容疑者と接見ができるのは、弁護士だけです。親族や友人など一般の方の接見は、(接見禁止がついていなければ)勾留がなされた後にできます。勾留がなされるのは逮捕後72時間以内ですから、その間は一般の方は接見ができません。また、一般の接見は、通常平日の昼間に行われ、接見時間も数十分と短いものです。弁護士であれば、一般の方のような制限はありませんので、いつでも接見することが可能です。

 

②弁護士から直接法的アドバイスを受けることができる。
 弁護士が直接接見に向かいますので、逮捕された本人は弁護士から直接アドバイスを受けることができます。取調べの状況についての不安、今後どうなってしまうのかという不安、家族はどう思っているのかなど、本人が抱くような様々な不安を相談することができます。逮捕後、逮捕された本人は、過酷な状況で捜査機関からの取調べを受けることになります。そのような状況で、頼りになる味方が弁護士です。法的なアドバイスを受けられるのみならず、弁護士の存在は精神的にも大きな支えになることでしょう。

 

愛知県・岐阜県・三重県などで逮捕された場合は、すぐに弁護士接見を依頼することをおすすめします。愛知刑事弁護士たいこう法律事務所では、弁護士接見のみのサービス(接見1回につき税込32400円~)もご提供しております。電話・メールにて受付けておりますので、まずは当事務所までお問い合わせください。


県職員の妻が詐欺容疑で逮捕!名古屋の刑事弁護士に相談

カテゴリー:その他の事件 2017/08/10

県職員の妻が詐欺容疑で逮捕!名古屋の刑事弁護士に相談

県職員の妻が詐欺容疑で逮捕!名古屋の刑事弁護士に相談

 

平成29年8月9日、中日新聞の記事に、県職員の妻が詐欺容疑で逮捕されたとの記事がありました(一部省略)。

 

 県の子育て支援事業があるとうその話を持ちかけて現金をだまし取ったとして、長野県警は、詐欺の疑いで長野県職員の妻(47)を逮捕した。捜査関係者によると、県職員の妻の立場を悪用して架空の制度を信じ込ませたとみられる。逮捕容疑では、同県の知り合いの主婦(44)に「子育て中の母親を対象にした県の支援事業があり、高利率の預金ができる」などとうそを言い、2回にわたって計115万円をだまし取ったとされる。県警によると、容疑を否認している。

 

~家族や知人等が逮捕されたとわかったら…~

家族や親しい友人などが刑事事件に巻き込まれてしまった場合、早い段階で弁護士に相談されることをおすすめします。弁護士に相談をすることで、今後の事件の見通しや具体的な法的アドバイスを受けることができます。法律事務所の中には、初回の法律相談を無料としている事務所もありますので、利用しやすいかと思います(当事務所でも初回の法律相談は無料です)。

 

家族などが突然逮捕されてしまってお困りの方は、弁護士による接見(当事務所では「接見サービス」といいます)を依頼することをおすすめします。逮捕されてしまった直後は、本人とは面会ができません。ご家族の方にとって、なぜ逮捕されてしまったのか、どのような容疑で逮捕されたのかなど、わからないことだらけです。このような場合、弁護士が本人のもとへ直接伺い、事件の詳しい内容を話し、それをご家族の方へ報告することができます。事件の詳細を知ることができれば、今後の事件の見通しもより具体的に弁護士から聞くことが可能となります。

 

逮捕された、刑事事件に巻き込まれてしまった場合は、愛知刑事弁護士たいこう法律事務所までお問い合わせください。初回の法律相談は無料で行っておりますので、お電話(24時間対応)にてご予約をお取りください。接見サービス(1回限りの接見)を希望される場合は、電話口にて手続きの対応させていただきます。
お問い合わせ番号:0120-758-631


帰宅中にひき逃げして逮捕…刑事事件に強い弁護士へ相談を!

カテゴリー:交通事件 2017/08/04

帰宅中にひき逃げして逮捕…刑事事件に強い弁護士へ相談を!

帰宅中にひき逃げして逮捕…刑事事件に強い弁護士へ相談を!

 

 愛知県春日井市の無職の女性(73)がひき逃げされて死亡した事件で、春日井署は、自動車運転処罰法違反(過失致死)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、男性会社員(23)を逮捕した。逮捕容疑では、春日井市の県道で軽乗用車を運転中に被害女性をはね、そのまま逃げたとされる。署によると「間違いありません」と容疑を認めている。勤務する飲食店から帰宅中だったという。(上記記事は、平成29年8月1日、中日新聞より引用。一部省略。)

 

~逮捕されるなんて珍しいこと!?~

ある日突然、家族や友人・知人が逮捕されることはあるでしょうか?
普通に社会生活を送っていれば、警察に逮捕されることはないでしょう。
大抵の人は、一生のうちに逮捕されて刑事裁判にかけられるなどという経験をすることはないと思います。

 

しかし、そんな刑事事件に巻き込まれる可能性がないかというと、実はそうでもありません。
例えば、上記新聞記事のような交通事故は、車を運転している人にとって、いつ加害者になるかわかりません。
客観的なデータ(2011年の警察庁データより)によると、1年間に警察が検挙した刑法犯の被疑者は98万6068人です。単純に日本の総人口約1億2000万人として割ってみれば、121人程度になります。
つまり1年間の間で、日本人の120人程度に1人は逮捕されている計算になります。
この数字は一般刑法犯のみを指します。ですから、刑法には当たらない法律違反、例えば「覚せい剤取締法違反」、「道路交通法違反」等が除外されています。
ですから、実際には、逮捕されてしまった人数はもっと多くなります。
データからもわかるように、自分の身の回りの誰かがある日突然逮捕される可能性というのは、珍しいことではありません。

 

~逮捕されたら、まず弁護士に相談を~

家族や友人などが逮捕されたときいたら、まずは弁護士に相談されることをおすすめします。
警察に逮捕された、警察署に呼ばれたなど、刑事事件という性質上、知り合い(事件によっては家族・身内)に相談しにくい事柄かと思われます。
その中で、唯一、安心して相談できるのが弁護士です。
弁護士に相談することで、今後の事件の見通しや具体的なアドバイスを受けることができます。また、相談しただけで、不安が解消した、相談して少し楽になったという声をいただくことがよくあります。
何もわからないまま悩んでいるよりも、まずは弁護士に相談をするという行動を起こしましょう。

 

愛知刑事弁護士たいこう法律事務所では、初回の相談は無料です。電話またはメールにてご予約の上、当事務所までご来所ください。
また、逮捕された方のもとへ直接弁護士が接見に向かう「接見サービス」もございますので、逮捕されてお困りのかたはこちらもご検討ください。


次のページ »

お気軽にご連絡下さい! 親身に対応致します。

  • 電話もメールも初回相談無料!

    ご相談・お問い合わせフォーム
  • TEL:0120-758-631
トップへ戻る