よくあるご相談

名古屋市の刑事事件に強い弁護士による大麻事件の弁護活動

カテゴリー:薬物事件

【大麻所持罪・大麻譲渡し罪・大麻譲受け罪の法定刑】

 大麻取締法24条の2第1項によると,大麻所持罪・大麻譲渡し罪・大麻譲受け罪の法定刑は,5年以下の懲役です。

 

【大麻所持罪・大麻譲渡し罪・大麻譲受け罪の解説】

 大麻を、みだりに、所持し、譲り受け、又は譲り渡した者は,大麻所持罪・大麻譲渡し罪・大麻譲受け罪で処罰されることになります(大麻取締法24条の2第1項)。

 

 「大麻」とは,大麻草と大麻草による製品のことをいいます。ただし、これには,大麻草の成熟した茎や大麻草の種子は含まれません。

 

 「みだりに」とは,社会通念上正当な理由があると認められない場合をいいます。もっといえば,当該行為が日本の法律に違反することをいいます。

 

 「所持」とは,大麻について実力的な支配関係があることをいいます。つまり,大麻の存在を認識しながら大麻を管理しうる状態に置くことをいいます。

 

 「譲り受け」とは,大麻について法律的にも事実的にも処分する地位を与えられ,大麻の所持を譲受人から取得することです。

 

 「譲り渡し」とは,大麻について法律的にも事実的にも処分する地位を与え,大麻の所持を譲受人に移転することです。

 

【大麻所持罪・大麻譲渡し罪・大麻譲受け罪の弁護活動】

①不起訴・無罪判決(前科回避)

 大麻所持罪・大麻譲渡し罪・大麻譲受け罪にあたるような行為をしていないにも関わらず,大麻所持罪・大麻譲渡し罪・大麻譲受け罪の容疑を掛けられてしまった場合、弁護士を通じて、警察や検察などの捜査機関または裁判所に対し  て、不起訴処分又は無罪判決になるよう訴えていきます。

 

 具体的には、アリバイや真犯人の存在を示す証拠を提出したり、目撃者の証言が信用できないことを指摘したりして、大麻所持罪・大麻譲渡し罪・大麻譲受け罪を立証する十分な証拠がないことを主張することで不起訴処分又は無罪判決 を目指します。

 

 また,知らないうちに大麻所持罪・大麻譲渡し罪・大麻譲受け罪にあたるような行為にかかわっていた場合,犯罪事実について認識していなかったことを主張することで不起訴処分又は無罪判決を目指します。

 

②執行猶予

 大麻所持罪・大麻譲渡し罪・大麻譲受け罪の法定刑は5年以下の懲役です。法定刑として罰金は定められておらず,検察官に起訴されると正式裁判がおこなわれることになります。

 

 ここで,大麻の所持,譲渡し,譲受けの事実について争いがない場合については,裁判で執行猶予付の判決を獲得することを目標に活動していくべきです。

 

 具体的には,犯罪事実が悪質でないこと,被告人の反省,再犯防止策等を裁判において説得的に主張していくことになります。

 

③身体拘束からの解放

 多くの大麻所持罪・大麻譲渡し罪・大麻譲受け罪の事件において,被疑者となった人は警察に逮捕され,逮捕に続き勾留されることになります。逮捕・勾留されてしまった場合は,当然,逮捕・勾留された人は,社会活動することができません。

 

 このような状況から早期に解放することが,早期の社会復帰に繋がります。具体的には,事案に応じて、証拠隠滅や逃亡のおそれがないことを主張し、釈放や保釈による身柄拘束を解くための弁護活動を行います。

 

 

 大麻事件で逮捕された,大麻事件で勾留された,大麻事件で裁判がある等でお困りなら愛知刑事弁護士たいこう法律事務所までご相談ください。


お気軽にご連絡下さい! 親身に対応致します。

  • 電話もメールも初回相談無料!

    ご相談・お問い合わせフォーム
  • TEL:0120-758-631
トップへ戻る