よくあるご相談

高齢ドライバーの重大事故防止 改正道交法施行

カテゴリー:交通事件

高齢ドライバーの重大事故防止 改正道交法施行

高齢ドライバーの重大事故防止 改正道交法施行

 

平成29年3月12日から改正道路交通法が施行されます。今回の改正道路交通法では、75歳以上の高齢者の運転に関する内容が大幅に変更となりました。改正の概要は、下記の新聞記事を参照してください(平成29年3月12日の中日新聞より引用)。

 

 高齢ドライバーの重大事故を防ぐため、75歳以上の運転免許保有者に対し、記憶力や判断力の認知機能検査を強化する改正道交法が12日、施行された。3年に1度の免許更新時の検査で「認知症の恐れ」と判定された場合には、医師による診察を受けることを義務化。逆走や信号無視など18項目の違反をしたときも、臨時検査を受けなければならない。警察庁によると、2015年は4027人が医師の診察を課せられ、うち1472人が認知症として免許取り消しや停止の処分となった。新制度では年間の受診者が約5万人、処分者も約1万5千人に膨らむと予想。事故予防に効果が期待される。

 

【更新時の認知機能検査の目的】
更新時の認知症機能検査は、加齢によって記憶力、判断力、空間認識能力などの認知機能が低下することを本人に自覚してもらい、安全運転意識を高めることを目的とした検査です。検査を実施することで、認知機能に関する安全運転指導や医療機関を紹介するなど、高齢者の交通事故防止の対策になります。※認知症の診断をする検査ではありません。

 

【更新時の認知機能検査の対象者】
免許証の更新期間が満了する日の年齢が75歳以上の方は、高齢者講習の前に更新時の認知機能検査を受けなければなりません。※運転免許証の更新期間が満了する日の6ヶ月前までに自宅に通知が届きます。

 

【臨時認知機能検査とは?】
75歳以上の運転者が、認知機能の低下により生じやすい一定の違反行為(18項目)をした場合に、臨時認知機能検査を受けることになります。検査の内容は、上記の更新時認知機能検査と同様のものとなります。

 

(参照)一定の違反行為18項目
・一時不停止
・信号無視
・一方通行の道路を逆から通行するなどの通行禁止違反
・逆走や歩道の通行などの通行区分違反
・わき見や操作ミスなどの安全運転義務違反
・一時停止しないなど踏切での違反
・黄線を越えてレーンを変更する違反
・右折レーンから直進するなどの指定通行区分違反
・横断歩道で一時停止せず歩行者の横断を妨害
・横断歩道のない交差点で歩行者の横断を妨害
・交差する優先道路の車の通行を妨害
・対向車の直進を妨げて右折するなど交差点での優先車妨害
・右左折などの際にウィンカーを出さない合図不履行
・禁止場所で転回するなどの横断等禁止違反
・徐行せず左折するなど交差点で右左折する際の方法違反
・徐行すべき場所で徐行しない違反
・環状交差点内の車などの通行を妨害
・徐行しないなど環状交差点を通行する際の方法違反

 

上記一定の違反行為があれば、検査を受けるよう通知が届きます。通知が届いた翌日~1ヶ月以内に受けなければ、免許の取り消しや免許停止処分となりますので注意してください。

 

交通事故・交通違反に関するご相談は、刑事事件に強い愛知刑事弁護士たいこう法律事務所(0120-758-631)にお任せください。初回の法律相談は無料となっておりますので、まずは当事務所までお問い合わせください。


お気軽にご連絡下さい! 親身に対応致します。

  • 電話もメールも初回相談無料!

    ご相談・お問い合わせフォーム
  • TEL:0120-758-631
トップへ戻る