よくあるご相談

名古屋でポケモンGO中にひったくり被害 窃盗のことなら刑事事件に強い弁護士へ相談を

カテゴリー:窃盗事件

名古屋でポケモンGO中にひったくり被害 窃盗のことなら刑事事件に強い弁護士へ相談を

 

名古屋市瑞穂区の市道で、区内の女子大学生(22)が自転車の前かごに入れていた手提げかばんを、後ろから来たミニバイクの男に奪われた。
女子大学生はスマートフォン向けのゲーム「ポケモンGO(ゴー)」をしながら自転車を運転していた。
瑞穂署によると、女子大学生はスマートフォンを片手に持ち、低速で下り坂を走りながら周囲のポケモンを探している最中だった。
かばんには2千円入りの財布が入っていた。
男は黒色のフルフェースのヘルメットに、灰色の長袖シャツ姿。署は窃盗事件として調べている。
(上記事件は、平成28年7月24日の中日新聞を参考に作成。)

 

~ひったくり(窃盗)被害にあったら~

上記事件のようにスマートフォンに夢中になっている最中にひったくり被害にあったり、駅や空港、電車内など人が多く集まる場所でもすりなどの窃盗被害が多数発生しています。
日頃から、窃盗被害にあわないような防犯意識を持つことが大切となります。

 

ひったくりなどの被害にあわれた場合は、まずすぐに110番通報をしてください。
通報後は、通常、警察による被害現場の実況見分や、指紋・足跡の採取、遺留物の採取、付近の防犯カメラ映像の確保などの捜査を行い、同様の手口による被害状況を調べる捜査などによって犯人を絞り込んでいきます。
防犯カメラ映像は数日で消去されてしまうことが多いので、すぐに必要な捜査をしてくれない場合には、弁護士にご相談ください。

 

犯人が逮捕などされた場合は、犯人に刑事弁護人がつけば、弁護士を通じて、被害弁償や示談の申入れがあると思いますし、申入れがない場合は、損害賠償請求をして被害回復をしていく必要があります。
このような場合、弁護士に相談していただければ、弁護士が代わりに示談交渉や損害賠償請求を行い、被害者の意向を最大限に考慮した対応を行います。
もちろん、盗まれた物が残っていれば、返還してもらうことができます。
窃盗事件に巻き込まれた場合は、刑事事件に強い弁護士へ一度相談に行き、適切なアドバイスを受けることをおすすめします。

 

~ひったくりなどの窃盗事件を起こしてしまったら~

窃盗事件を起こしてしまった方は、警察に発覚しているか否かに関わらず、まずは刑事事件に強い弁護士に相談することをおすすめします。
警察により窃盗事件の被疑者として捜査が進められている場合は、被害者との示談や身柄解放活動、処分の軽減などに向けた弁護活動を早急に進めていく必要があります。
刑事事件は時間との勝負といわれるほど、早い段階での弁護活動が重要となっていきます。
窃盗事件の場合の主な弁護活動としては、被害者との示談交渉です。
より速い段階で被害者との示談交渉を進めるためにも、まずは刑事事件に強い弁護士に相談することをおすすめします。

 

窃盗事件が警察に発覚していない場合にも、一度弁護士にご相談ください。
警察に自首をすることを含めて、刑事事件に強い弁護士に自首の効果や今後の見通しについて聞くことが一番です。

 

愛知刑事弁護士たいこう法律事務所では、窃盗事件など多数の刑事事件を経験した弁護士が対応いたします。
初回無料で相談することができますので、お気軽にお電話ください。
また、初回接見サービスも随時受け付けておりますので、まずは当事務所までお問い合わせください。


お気軽にご連絡下さい! 親身に対応致します。

  • 電話もメールも初回相談無料!

    ご相談・お問い合わせフォーム
  • TEL:0120-758-631
トップへ戻る