よくあるご相談

公務員の盗撮事件 刑事事件のことはたいこう法律事務所へ

カテゴリー:盗撮・痴漢事件

公務員の盗撮事件 刑事事件のことはたいこう法律事務所へ

公務員の盗撮事件 刑事事件のことはたいこう法律事務所へ

 

ニュース報道を見聞きしていると、警察官や教諭などの公務員による犯罪行為の報道がよくなされています。最近では、三重県の高校教諭による常習的な盗撮行為により、刑事処分と地方公務員として懲戒免職を受けたことが報道されていました(下記記事は平成29年3月23日の中日新聞より引用。一部省略)。

 

 三重県教委は23日、女性のスカート内の盗撮を繰り返したとして、同県立高校の男性教諭(53)を懲戒免職とした。県教委教職員課によると、男性教諭は昨年7月~今年2月、同県伊勢市や玉城町のパチンコ店やショッピングモールなどで、ショルダーバッグに入れた小型カメラを使い、女性の下着を約100回盗撮したという。県教委の聞き取り調査に、男性教諭は「自分の興味が勝り、やめることができなかった」と話した。学校内では盗撮はしていないという。伊勢署は2月16日、玉城町のパチンコ店で同月5日に40代女性のスカートの中を盗撮したとして、県迷惑防止条例違反(盗撮)の疑いで逮捕。伊勢区検が今月8日に同条例違反の罪で略式起訴、伊勢簡裁は罰金50万円の略式命令を出し、即日納付された。

 

駅など誰もが自由に立ち入ることができる公共の場所で盗撮行為をすると、各都道府県が定めるいわゆる迷惑防止条例違反となります。初犯であれば、被害者との間で示談が成立すれば、極めて高い確率で不起訴処分となります。不起訴処分となれば、前科はつきません。示談が成立しない場合は、略式請求され罰金となる可能性が高いです。

 

公判請求される(正式裁判となる)場合とは、前科(特に性犯罪)がある場合や、盗撮行為の態様が悪質な場合などが挙げられます。

 

~盗撮事件の判例~

下記判例は、平成28年9月29日判決、福岡地方裁判所久留米支部にて開かれた福岡県迷惑行為防止条例違反被告事件です。

 

【罪となるべき事実の概要】
被告人は、常習として、正当な理由がないのに、

(1)福岡県(以下略)歩道上において、A(当時17歳)に対し、同女の胸部及び下着を撮影する目的で、同女の着用しているタンクトップの胸元を左手でつかんで手前に引っ張り、そのタンクトップ内の胸元に右手に持った動画撮影機能付き携帯電話機を向け、
(2)福岡県(以下略)所在のB歩道上において、C(当時29歳)に対し、同女の着用している下着を撮影する目的で、その背後から、同女の着用しているスカートの下方に動画撮影機能付き携帯電話機を差し入れ、

もって、公共の場所において、人を著しく羞恥させ、かつ、人に不安を覚えさせるような方法で、写真機等を他人の身体に向けたものである。

 

【判決】
被告人を懲役6月に処する。
この裁判確定の日から3年間、その刑の執行を猶予する。

 

【量刑の理由】
本件は、当時現職の警察官であった被告人が、仕事が休みのときに、自己の性的欲求を満たすため、常習として、携帯電話機(アイフォン)を用い、女性の通常衣服で隠されている部分の動画を盗撮しようとしたものである。被告人は、夜間、歩道上で、女性のタンクトップの胸元を引っ張ったり、女性のスカートの裾を捲り上げて盗撮しようとするなど、大胆な犯行態様である。被告人は、動画や写真で盗撮をするのに便利な機能の付いたアプリケーションソフトを用いたり、検挙を免れるためにフード付きの上着のフードを被り、マスク、軍手を着用するなどしており、犯行には計画性が認められる。被告人は、多数の同種余罪について自供しており、常習性も顕著に認められる。突然歩道上で被害に遭った女性らが、恐怖等を訴えるのも当然であり、撮影された動画がインターネットに流出するのではないかと不安になるなど、女性らが受けた精神的苦痛は大きい。被告人は、市民を守るべき警察官という立場にありながら、犯行を重ねていたものであって、厳しい非難は免れない。被告人の刑事責任は重い。
しかしながら、罪となるべき事実(1)の被害女性とは示談が成立し、その他の被害弁償のための努力もなされていること、被告人が事実を認め、反省の態度を示し、当然ではあるが既に懲戒免職となっていること、被告人には前科、前歴がないこと、被告人の父親が指導、監督を約束していることなど、被告人のために酌むべき事情を考慮して、今回に限り刑の執行を猶予することとした。

 

盗撮事件のことなら、刑事事件の経験豊富な愛知刑事弁護士たいこう法律事務所(0120-758-631)にお任せください。盗撮をはじめ、刑事事件のことなら当事務所までご相談ください。初回の法律相談は無料です。是非ご利用ください。


お気軽にご連絡下さい! 親身に対応致します。

  • 電話もメールも初回相談無料!

    ご相談・お問い合わせフォーム
  • TEL:0120-758-631
トップへ戻る