よくあるご相談

ホテルでの盗撮 刑事告訴を回避する弁護活動

カテゴリー:盗撮・痴漢事件

ホテルでの盗撮 刑事告訴を回避する弁護活動

ホテルでの盗撮 刑事告訴を回避する弁護活動は愛知刑事弁護士たいこう法律事務所

 

ラブホテルでの性行為の様子を、相手の女性に無断で盗撮してしまいました。

盗撮のカメラに気づいた女性が、刑事告訴すると言っています。

女性に無断でホテルで盗撮したことを反省しています。刑事告訴を回避することはできますか?(相談例・フィクションです。)

 

 

~ホテルでの盗撮はどのような犯罪?~

ホテルで「盗撮」した場合、どのような犯罪にあたるのでしょうか。

一般的に、駅や電車内での盗撮は、各都道府県の「迷惑防止条例」に違反します。ただし、迷惑防止条例で罰則の対象としている盗撮行為は、「公共の場所」や「公共の乗り物」など不特定・多数の者がいる場所での盗撮行為に限られます。

そのため、ホテルの客室内での盗撮は、迷惑防止条例違反となりません。(ホテル内でもロビーやエントランスなど不特定多数の人が自由に行き来できるような場所は、「公共の場所」とされ、盗撮した場合、迷惑防止条例違反になる可能性はあります。)

 

ホテルでの性行為の様子を盗撮した場合、軽犯罪法違反の犯罪にあたる可能性があります。

軽犯罪法第1条23号は、「公共の場所」にあたらない住居や浴場、更衣場、便所などをひそかにのぞき見た場合、刑罰を科しています。そして、この「のぞき見た」には、盗撮をした場合も含まれると解釈されています。

軽犯罪法違反の刑罰は、拘留又は科料です。

 

 

~刑事告訴を回避する弁護活動~

ホテルでの性行為の様子を、女性に無断で盗撮した場合、軽犯罪法違反にあたる可能性があります。

もし盗撮された女性が警察などの捜査機関に刑事告訴した場合、盗撮をした者は捜査されることになります。捜査の結果、事件を報道されたり、裁判所に起訴された場合、社会生活への大きな影響があり、前科も付くおそれがあります。

 

そこで、ホテルでの盗撮での刑事告訴を回避するためすぐに弁護士に弁護活動をお願いしてください。

盗撮で刑事告訴を回避するためには、ホテルでの盗撮をしっかりと謝罪し反省すること、被害女性と示談をすること、が重要になります。また、盗撮をやめられない場合には、家族の協力を得ることや専門の医療機関で治療を受けることも考えられます。(盗撮をやめられない方はコチラ(盗撮をやめられない 夫の盗撮癖に気づいたら弁護士に相談!)も参照してください。)

刑事告訴を回避するため、被害女性と示談交渉をすることは、重要ですが、被害感情が厳しいこともあります。弁護士は、納得して示談できるようしっかりと交渉をしていきます。

 

 

~刑事告訴を回避するなら愛知刑事弁護士たいこう法律事務所~

ホテルでの盗撮で刑事告訴を回避する弁護活動をお願いしたい場合は、愛知刑事弁護士たいこう法律事務所へ。盗撮に詳しい弁護士が、スピーディーに、無料相談・接見サービス(有料)に対応します。

ホテルでの盗撮で刑事告訴を回避したいとお考えの方は、当事務所フリーダイヤル0120-758-631までお問い合わせください。

 

刑事事件の流れはこちら(刑事事件のながれ)のページを、弁護士費用が気になる方はこちら(弁護士費用)のページをご覧ください。逮捕されていない場合には、いくつかの弁護士・法律事務所で相談を受け、しっかりと弁護士費用を比較したうえ、信頼できる弁護士に事件を依頼することをおすすめします。


お気軽にご連絡下さい! 親身に対応致します。

  • 電話もメールも初回相談無料!

    ご相談・お問い合わせフォーム
  • TEL:0120-758-631
トップへ戻る