よくあるご相談

愛知県の横領事件 名古屋の刑事弁護士が逮捕を回避

カテゴリー:その他の事件

愛知県の横領事件 名古屋の刑事弁護士が逮捕を回避

 

愛知の横領事件 名古屋の刑事弁護士が逮捕を回避

 

会社のお金を横領して事情聴取を受けている…

路上の放置自転車を持ち去ったのが警察にばれた…

 

~横領罪の類型と刑罰~

横領罪には3つの累計があります。

基本類型である①単純横領罪、刑が加重された②業務上横領罪、他人の占有を離れたものを横領する③占有離脱物横領罪(遺失物横領罪)です。

それぞれの横領罪の刑罰(法定刑)と具体例は次の通りです。

 

1単純横領罪(刑法252条)

 刑罰(法定刑) 5年以下の懲役

 具体例 他人から預かったお金を自分のために使用した場合、不動産の売主が二重売買した場合など

 

2業務上横領罪(253条)

 刑罰(法定刑) 10年以下の懲役

 具体例 会社の従業員が顧客から預かったお金を着服した場合、物を保管する業務を行う者が預かった物を無断で売却した場合など

 

3占有離脱物横領罪・遺失物横領罪(254条)

 刑罰(法定刑) 1年以下の懲役または10万円以下の罰金もしくは科料

 具体例 路上の放置自転車を持ち去った場合、路上に落ちていた現金を持ち去った場合

 

 

~横領罪の弁護方針~

横領罪は、被害額の大小が具体的な処罰に影響しやすい犯罪です。そのため、被害額が多く被害者の処罰感情が強い場合には、初犯であっても起訴される可能性が十分あります。

その一方で、被害額が少なく、被害弁償や示談を行うことができれば、不起訴処分となることも可能です。そのため、横領罪の弁護を引き受けた弁護士としては、被害者に謝罪を伝えることや、被害弁償・示談を行うこととなります。

横領罪が発覚した場合には、すぐに弁護士に相談してください。早期にしっかりとした対策をとることで刑事事件を回避できる可能性もあります。

愛知刑事弁護士たいこう法律事務所の弁護士は、刑事事件の経験豊富で示談交渉に長けています。横領罪で捜査されている方、不安な方は、初回無料相談もできますので、当事務所フリーダイヤル0120-758-631までお問い合わせください。


お気軽にご連絡下さい! 親身に対応致します。

  • 電話もメールも初回相談無料!

    ご相談・お問い合わせフォーム
  • TEL:0120-758-631
トップへ戻る