よくあるご相談

名古屋市の暴力行為処罰法違反で逮捕 逮捕後すぐに釈放活動を行う名古屋の刑事弁護士

カテゴリー:傷害・暴行事件

名古屋市の暴力行為処罰法違反で逮捕 逮捕後すぐに釈放活動を行う名古屋の刑事弁護士

 

名古屋・千種警察署は、暴力行為処罰法違反の疑いで名古屋市の女性を現行犯逮捕した。
逮捕容疑では、知人の男性方で、男性に包丁を突きつけた後で右太ももを切り付け、軽傷を負わせたとされる。
女性は容疑を否認しているという。
千種警察署によると、男性が署へ通報し、駆け付けた署員が女性を取り押さえた。千種署は男女間のトラブルとみて調べている。
(上記事件は、平成28年6月18日の中日新聞を参考に作成。)

 

~暴力行為処罰法(暴力行為等処罰に関する法律)とは~

暴力行為処罰法は、凶器を示したり、共同で暴行したり、集団の威力を示すなどして脅したりした場合に成立する犯罪です。
暴力行為処罰法違反は、通常の暴行・脅迫罪よりも重く処罰されます。

 

※集団で威圧したり、凶器を示したり、数人で共同して暴行罪を犯した者(暴力行為処罰法1条)
→3年以下の懲役または30万円以下の罰金

※常習的に暴行罪を犯した者(暴力行為処罰法1条の3)
→3ヶ月以上5年以下の懲役

 

対処方法は、暴行・脅迫などの場合と同様です。
暴力行為処罰法は、暴力団の場合に適用されることが多く、その場合には原則起訴され、暴力団からの離脱を信用してもらえないと実刑になるケースもあります。

 

~暴力行為処罰法違反で逮捕されてしまったら~

暴行事件で逮捕される割合は約40%(平成24年検察統計年報)です。
ですが、路上や駅などの公共の場所や飲食店といった場所で暴行事件を起こしてしまうと、その場で逮捕されるケースも少なくありません。

もっとも暴行事件は、比較的軽微な部類に入るため、適切な弁護活動によって早期に釈放される場合が多くみられます。
逮捕・勾留後、起訴されずに釈放される確率は約48%です。
暴行事件で逮捕されてしまったら、早い段階で弁護士をつけ、釈放に向けた弁護活動をすることをおすすめします。
早期に釈放されれば、会社や学校に通うことができますし、会社などに事件のことが発覚せずに済む可能性も高まります。

 

暴力行為処罰法違反など暴行事件で逮捕されてしまった場合は、名古屋の刑事弁護士が在籍する愛知刑事弁護士たいこう法律事務所にお任せください。
過去に刑事事件を多数取り扱った弁護士が対応させていただきます。
お問い合わせは、0120-758-631までお願いします。


お気軽にご連絡下さい! 親身に対応致します。

  • 電話もメールも初回相談無料!

    ご相談・お問い合わせフォーム
  • TEL:0120-758-631
トップへ戻る